お金を借りたくても返済の目処をつけるのが先

2014年12月4日

気軽にお金を借りることができればいいですが世の中甘くなく、特に銀行系の融資はなかなか借りることはできません。

銀行以外でも消費者金融などで比較的簡単に借りることができますが、返済の目処をつけておかないと大変なことになってしまいます。利子が雪だるま式に増えて自己破産になることが目に見える状態では到底借りることができません。自己破産になるとその後の生活の建て直しもなかなかできずに苦労することになると思います。

長い人生の中では家を購入したり、車でローンを組むなどお金が必要になるときもあるかもしれないのでそうなったときは担保になるものでなんとか借りる方法もありますが私にはそのような担保にするものもありません。

一度、借りてしまえば終わりではなく、そこから返済がスタートすることをシビアに認識することが大事だと思います。たとえお金を借りることができてもやはり早めに収入を確保して返済の目処をつけておきたいと思います。

参照サイト:銀行でお金を借りるなら

借りたら返す

2014年8月15日

借りたら返す。
当たり前のことですが、それができない人は、どうしてもやむにやまれずできない事情を抱える人を含めてたくさんいます。
できれば返さず踏み倒してしまいたい。
そう考えてしまう人もいるでしょうが、今後のことを考えるとそれはとても危険な思考と言えます。
まず、一度借金を踏み倒してしまうとそれは金融事故として個人信用情報機関に登録されます。
『5年経てば金融事故を起こしたとしても履歴が消える』
と聞いて、それなら5年以上踏み倒せばいいんじゃないか。借金も時効をむかえるだろう、と思うかもしれません。
しかし、それは大きな勘違いです。
個人信用情報機関に記載されている履歴がどの段階で消えるかについては明確な答えはないようです。それに、もし履歴が消えるとしても、それは完済した借金の履歴であって、返し終わっていない借金については引き続き『借入中』という記載がされたまま消えないようです。
ですから借金を返さないでいると、いつまで経っても借金持ちのままろくにローンも通らずクレジットカードの審査も厳しくなってしまう場合があります。
また、携帯電話の購入に関しても、分割払いで機種代金を支払うのを許されずに一括払いで支払うよう求められた……という事例もあるようですのでご注意下さい。
日常生活に支障をきたしてしまうのは、とてもつらいことです。
もしも、今の返済金額を毎月返していくのは厳しい、など悩みがあるのであれば借り入れをしている金融会社に月々の返済金額を変更してもらえないかどうか相談してみましょう。
もしかすると、受け入れてもらえるかもしれません。

親にバレないキャッシング方法

2014年8月15日

親にバレないようにキャッシングする方法、知っていますか?
『知ってるよ。キャッシング会社で申し込みをする時に、自宅電話にかけるなと年を押しておけばいい』
『契約書や明細書に関して、自宅に郵送しないようにしてもらってます。インターネット上のキャッシング会社会員ページから契約書だったり明細書が見られるようなシステムが整っている会社を選ぶといいですよ』
など、様々な方法があると思います。
その中でも、かなりバレにくい方法として、『クレジットカードのキャッシング枠を使う』という方法があります。
クレジットカードにはキャッシングができる枠がついているものも多くあり、提携ATMなどを使えば簡単にキャッシングできてしまいます。
親としてもクレジットカードでキャッシングをしているとはあまり思いつかないでしょう。大手消費者金融の名前で手紙が届いたり電話が来たりしたら敏感に反応されるかもしれませんが、クレジットカード会社から電話が来たところで、『あいつ、キャッシングしたんだ!』という結論に達することはほとんどないでしょう(ちなみに、消費者金融で借りた場合でも手紙の差出人欄に消費者金融の名前がストレートにかかれていることは少ないようです)。
もしも、クレジットカード会社からあった電話の用は何か、と聞かれた時には無視すると怪しまれてしまいます。
『ああ、クレジットカードの枠を増額するかどうかの確認だった』ともっともらしく答えておくとバレにくいかもしれません。
しかし、万が一返済に支障をきたしてしまった時は自宅へ連絡が行ってしまい、一発でバレてしまう可能性が高くなってしまうようなので注意して下さい。

言いなりになるのではなく、自分で判断

2014年8月15日

『ここがめっちゃオススメ』
と人から言われると、それに従ってオススメに食いついてしまうという人も多いでしょう。
日常生活でそのように人がすすめるとおり物事を判断するのはいいかもしれません。
しかし、キャッシングをする時は話は別です。
キャッシングする理由が人によって違うのはもちろんおわかりかと思いますが、キャッシングする人の返済能力や状況もそれぞれ違います。

例を挙げると、

●Aさん
突発的なお金が必要で、来月はボーナスが入るから一括で全て返済できる状態にある。

●Bさん
突発的なお金が必要で、来月以降もまとまったお金が入る予定はない。分割じゃないとキャッシングしたお金は返済することが難しい。

という2人が同じ『30日間利息ゼロ』のキャッシング会社でお金を借りたとします。
Aさんにとっては30日以内にボーナスが入るので、利息もつかずお金を借りられるのでおトクに借り入れができるということになりますが、Bさんの場合は30日以内に返済をするのは難しい状態なので、30日間利息ゼロでも何の意味もありません。

状況が違う2人では、同じキャッシング会社の同じ商品を利用してもおトク具合は違ってくるのがおわかりいただけたでしょうか。

ですから、キャッシング会社を選ぶ時は、人がすすめてくるからここにする……というのではなく、自分の状況と望む条件内で一番最良だと思われるキャッシング会社を選ぶのがいいでしょう。人に流されることなく、自分を持ってキャッシングはおこないましょう。
希望する条件を紙に書き出して、それに基づいてキャッシング会社を探すようにするといいかもしれませんよ。

何件目の借入か?

2014年8月15日

何件目の借り入れかによって、どこでキャッシングをおこなう方がいいかに違いがあることをご存じでしょうか?
今回は、借り入れ件数ごとのオススメキャッシング会社についてご紹介致します。

●~1件目
初めて借り入れをおこなうのであれば、銀行や信用金庫などを検討してみてもいいかもしれません。
毎月収入があって、クレジットカードなどの延滞履歴などがないのであれば、審査を通過する可能性が出て来ます。
ただし、融資希望額によっては審査にかなり時間がかかってしまうこともあるようです。

●~3件目
大手消費者金融でも借り入れを受け入れてくれるところは多いでしょう。
1件目に借りた金額が大きく、それをきちんと返済しているのであれば『返済能力が高い』と見なされて融資をしてもらえる可能性が高まります。

●4件目以降
この辺になると、審査を通過させてくれないキャッシング会社も出て来てしまうようです。
借り入れ件数が多くても借りられるという口コミがあるキャッシング会社に申し込むことをオススメ致します。
銀行や信用金庫で借入をおこなうのは、もしかすると厳しいかもしれません。審査を受けてみたいという方は受けてみてもいいですが、審査落ちしてしまう可能性が高いことは念頭に置きましょう。審査落ちをしたという事実は個人信用情報に記載されてしまいますので、そこにも注意を払う必要があります。

借入件数が多くなればなるほど、新たに借り入れするのが難しくなる傾向があるようです。借入をする時複数のキャッシング会社でちょっとずつ借入をするのではなく、一社一社の比重を大きくした方がいいかもしれません。